« 2013年2月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

びっくりするほど可愛かった

8月23日~25日まで某所にお勉強に行ってました

試験なので、なかなかヘビーな三日間、グレたくもなるよね

まず3連休で飛行機代が高い、おまけにコンサートが有ってホテルが一杯だって…

うそでしょ?

でも、試験は決まっていますので行くしかない訳で、夏のボーナス吹っ飛ばして行きましたよ~某試験会場の大学へ…

ボーナス様に感謝

そんでもってある所で『おや?』・・・・・・・・・

貴女が来るからホテルが取れなかったのね?

なるほど・・・

の人と遭遇、素顔でしたが可愛くてすぐに解りました、因みに夕張メロンより顔が小さいです。

仕方が無いよね、貴女ならば・・・・・・・・ってなわけで、変な理解をしながらも

声でばれるよね

ま、その話はさておき・・・・・・・・まずまず南国ですかここはと言うほど熱いし、途中雨降るし、過ごしずらい3日間、夜ごはんも微妙に食べられず、コンビニでグリーンサラダみたいなパックを買って、ちょこちょこ食べて終わり。

夏バテみたいな感じでした、それもなぜか夜だけ夏場てるんですよね、おかしいでしょ?昼は学食で1日目味噌ラーメン2日目冷やしラーメン3日目唐揚げ定食(三分の一程度しか食べられず)を食べたのにね、朝食は市内のホテルで一番の高評価と言うだけあっておいし~い朝食でしたが、海外の同じ系列の所と比べると和食が多い分、サラダが若干とっつきずらい感じだったり、フルーツやヨーグルトの種類が少ない気がしましたが、味は最高でした。

ホテルの窓からの眺めも最高で、天空の車窓のようでした。

このホテルの従業員は皆さん教育が隅々まで行きとどいていて、終始気分が良くなる要素と、お客さんは安心してくつろげること以外に無いんですよね、悪い所が無いの…

気に入っています。

と言うか、お世話になっております。と頭を下げたい思いです。

あっつ・・・さて~さて~試験の結果ですが、落ちていたらどうしようか…
微妙な手ごたえ=自信が無い回答

と言う結果で、果たして点数は・・・・・・・・

ふふふっつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

8月7日ベトナムへGO~♪   珍道中その⑤

6


これが、ふつうの食事・・・・・・コーヒーか紅茶か聞かれますが、どっちもポットでもってきてくれる、後ゆっくり食事をどうぞ、という具合に…

そして、焼きたてワッフル(これはもっちりとして美味しい)パンケーキは自分で作る方が好みだった、パサパサしている系だったので、あまり好きではなかった。当然ですが卵料理は作って下さるのですが、ふかふかのオムレツではなく硬いオムレツで超ガックリ・・・(そりゃないでしょ?バターでは無くサラダ油で焼いていました。)と心の中で思いつつ食す・・・・

食事はアジアの中では美味しい部類に入ると思います、ただ香草が苦手な方は無理をしない方が体の為です。COOは苦手な香草もチャレンジして、お陰さまで一晩中、リバースでした…

さて、そんなこんなでベトナムをあちこち巡りシクロに乗ったり(これはあまりお勧めできません)、買い物をし(バッチャンと言う食器は是非購入して帰って来る事を強くお勧めいたします)プールで泳いで日焼けして、鼻の頭や肩などの皮がむけましたが(トナカイか酔っ払いかっちゅう状態)、何せ実りの多い旅だったので、もしもチャンスがあれば、詳しい人とい所ならば、もう一度訪ねてみたい街だと思いました。

ここで私は、最も重要視したのは一ノ瀬泰造さんでした。日本人として、まずは彼の存在なくしてはベトナムを語れないし、彼から学びそして、その次のステップへ行かないと、戦争を考えずに今だけ見てしまっては机上の空論、現状を見る為の重要な種は生涯にわたり開花しないのです。

よって、もしもベトナムに行かれる片は、一度サラっとだけでも彼の本を読んでからベトナムの戦争の事を学んで下さい、そしてその後から近代のベトナムを学んで下さると、すんなりと入っていけるような気が致します。

アオザイも作らず、お土産もあんまり買わず、ただ肌で感じる、地元の人の話を聞く、歴史を調べるなど、くだらないと言われてしまいそうな旅でしたが管理人COOにとっては実りが大きくちょこっとでもレポートの足しになるような気がしました。知ると言う事に、恐怖感を持ってはいけないのであるし、知る事で解放される、繋がるそして交換できる思いもそこには有るからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日ベトナムへGO~♪   珍道中その④

4


ベトナムと言えば絶対食べなくてはいけない『フォー』これが又美味しいの、ライムの香りと、しっかりした出汁が、つるつるとした米の麺を次々と胃袋へ納めて行きます。無論香草の役目は主役を決して裏切らない爽やかさと信頼で結ばれている、って言う感じ…(笑)

これはクラブフロアーでの朝食で↓これが普通の朝食の所

5
やっぱり、どうしてもフォーは美味しい。さっぱりとしたスープと爽やかな感じがどうしても私をつかんで離しません。コメの麺は腰が全く無いので、物足りなさを感じることこの上ないはずでしたが、さっぱり感の誘惑は、南国において最大の誘惑で、この麺に勝てるものが有るのか?と自問自答しながら食す。

7


clubフロアで静かな朝食・・・・・・ここでもフォーは絶対欠かせない。南国のfruitですが何とここに来て、やっぱりSheratonよりリッツの方が好きだとか、くだらない事考えていたCOO今日はベトナムで起業する人との大切な時間を過ごすため、話のストーリーや弾む話の種を筋道立てて用意するはずが、ふたを開ければそんな事しか考えていない、全くあきれた自分にがっくりしながらも、要点をまとめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日ベトナムへGO~♪   珍道中その③

3


気温が高いのは言うまでも有りませんが、突然のスコールなどでとても湿度が高く到着日と言う事も有り疲れたので早めにホテルに戻り、ラウンジでお酒をちょこっと・・・・・・・・・(うそ、ちょこっとではなかった)

思いっきりジャパニーズサーモンの刺身の美味しい事、札幌並みの美味しさで嬉しくなってしまいました。ここでワイハイを使ってFACEBOOKやe-mailのチェックをしながらベトナムの鮮やかな夜景を楽しみつつ、仕事もちょこっとしながら、有意義に過ごしました。

部屋には毎日welcomefruitが置かれていましたが、さりとて特別なfruitではなくミカンやバナナといった一般的な物でした。

でもね、驚くよ~welcomefruitの短いバナナ、これが本当に味が濃くて美味しくて、日本ではあまりバナナを食べないCOOが毎日このバナナを食べたいと思ったほどでした。

ウェスティンと違ってばバブリングウォーターはペリエは無くちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日ベトナムへGO~♪   珍道中その②

1


ベトナムのスタバの中から外をパチリ・・・スタバはまだまだ普通に行ける場所ではないらしいです。なぜかと言うと、スタバで記念撮影をしている人がとても多かったし、ほとんどは外人でした。味は日本と同じ・・・ただ氷だけは抜いてもらいました。

2


人民委員会庁舎なる、歴史的建造物で、以前は一番偉い人が住んでいた所?・・・・・・・・・・・・の中庭、ここは何かが有った時の為に地下通路や屋上にはヘリポートも有りました。

中はとても美しく、ベトナムっぽさはあまり感じない場所でした、がしかしホーチミンさんの像がそこにはあり、時代の経過やその背景に心が反応して、とても興味部会、そして考えさせられる一日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日ベトナムへGO~♪   珍道中その①

大韓で韓国経由でベトナムに行く事にしたCOO
なのにオーバーランのニュースで若干ビビり気味ではありましたが、仁川での3時間のトランジットも軽めの買い物とお食事で、楽しく過ごした

いざ鎌倉!!・・・・・・・・・・いや、いざベトナム

COOにとっては未開の地一度だけ空港にだけ言った事が有るのみ、後は知らない・・・・歴史的背景や社会制度教育の環境や、福祉関連の状況が少しわかる程度・・・基礎知識は無いに等しい

水、氷には気をつけて・・・ひったくりにあわないように気をつけて、注意点はそれだけだった。ぼったくられても日本円にしたら、大した事無い金額、トラブルよりもましだってば、ぐらいの感覚で行きました。

201308130


これがベトナムで一番高い建物、中に入るのは有料だそうです。

丁度宿泊先のホテルから見える所にあったのですが、あんまり興味も無くスルーしました。ベトナムでのメインは、現地に住んでいる人と会ってお話しを聞く事と、肌でベトナムを感じる事、そこで得た感覚や目にしたもの、学んだ事で、自分の中にある一つの課題の糧にしようと思いました。

ベトナムは雑多で、決して活気はなく、貧富の差が激しい、そしてベトナムの人の民族性は明るく楽しく、そして意外とやさしい・・・でも、目の前にある物、特に金銭的な物に関してはシビヤな感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッキーと共演、サンウから放たれる演技力

ベトナムへ向かう飛行機の中、この映画を2回ほど見た

他の俳優陣に引け目を撮らないサンウの演技

『俳優クォンサンウここにあり』ってな感じで・・・

もう嬉しくて言葉にならなかった…

韓国人の俳優の中ではサンウの演技はナチュラルでいて最も特徴的な演技をする所に、彼の演技力の素晴らしさが有ると思う

サンウは、益々羽ばたくね

間違いないし、、羽ばたくだけの底時からがそこにはある

勿論、サンウだって苦労していない訳じゃないし天然ででてくるものでもないだろう、がしかし彼には他の俳優には無い、人をすんなりと引きつける演技力がそこにはあるからだ

彼が放つ演技力、表情、視線の使い方、そして全てを捨てて彼は表情を使い分ける事が出来る俳優であると言う所が、いまだに私がサンウファンであるゆえんだ・・・

次は医者、その次は男くさい役だそうで、楽しみ満載だ・・・

先日のビョンホンさんの結婚式でも、お茶目サンウのムードメーカーてんこ盛り状態での大放出

本当にもう、サンウったら…

でしょ?

うふふっつ

そんな訳で、以前にも増して、ちっちゃめにサンウを陰で応援する管理人COOなのである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年11月 »